ローズカットダイヤ指輪

ローズカットダイヤについて

ダイヤモンド・ローズカット

ローズカットは、ダイヤモンドのカットの1つであり、裏側がほぼ平らな形をしています。表側は山のようにカットがされています。このファセット面からの反射光がとても美しく、まるで薔薇の様だ!ということから、ローズカット等と呼ばれています。

ローズカットダイヤは、17世紀ころから出始めますが、カットの発祥地は今のところ不明であります。

 

ローズカットダイヤの指輪 一覧

フェデリングローズカット・リング 

 

ページ上部へ戻る