工房の話し

  1. 結婚指輪のサイズ直し

    2011年頃、ゴッチャで作った結婚指輪が、サイズ直しで戻ってきました。大阪のお客様より普段使いしているリングのサイズが丁度良いとのことで、そのリングも同封頂き、そのリングと同じサイズに、お直し致しました。■ サイズ直しのやり方この結婚指輪は、サイズを大きくしたので、18金の地金を足しています。

    続きを読む
  2. K18ゴールドアクセサリーの仕上げ

    店長です。ゴールドアクセサリーの仕上げをしています。荒いヤスリ、細かいヤスリ、シリコンで研磨、下磨き、仕上げの磨きといった順番で仕上げていきます。仕上げに使う道具や、工具は各作業場(工房やアトリエ)によっても違います。

    続きを読む
  3. スライスダイヤのジュエリー作り

    店長です。時間のあるときに、スライスダイヤモンドを使って、リングや、ペンダント等を作っています。スライスダイヤは、ガードル部分の面が綺麗に揃ってないことも多いので、各スライスダイヤに合わせて、石座(石枠)を作ったりもします。

    続きを読む
  4. スライスカットダイヤの組み立て

    スライスカットダイヤのリング、ほぼ完成!

    ■ スライスカットダイヤのリング、制作の続きスライスカットダイヤの石枠をプラチナで作り、リングのアーム部分を18金イエローゴールドで作りました。リングは、軽くハンマー仕上げをいれて、ダイヤの石枠部分の横に、飾りとでも言いましょうか。デザインの核となるパーツをこれまた18金ゴールドで作りました。

    続きを読む
  5. スライスカットダイヤの石枠

    スライスカットダイヤの石枠

    先日から作ってるスライスカットダイヤの石座作り。石枠は、石座とか枠とか呼ばれます。スライスカットダイヤが座る座布団とでも言いましょうか。この石枠に心地よく座ってもらい、ダイヤ自身も留まるようにしていきます。

    続きを読む
  6. スライスカットダイヤモンドの話し

    ■ スライスダイヤモンド店長です。最近コンビニのレジで店員さん居なくて、待たされること多くないですか。人手不足で仕方ないんだろうけど、どこのコンビニ行っても待たされるんで、今日もまた待つの~~~~!って、思っちゃいます。

    続きを読む
  7. ローズカットダイヤ

    ローズカットダイヤの指輪、販売中です

    ■ ローズカットダイヤの指輪、販売中です!先日ブログ内でご紹介したローズカットダイヤの指輪。他の販売サイトよりひと足早く、当サイト内で販売しています。薔薇のような雰囲気で人気のダイヤモンド(ローズカットダイヤ)。ダイヤの雰囲気を感じ取り、シルバー925で指輪をお仕立て致しました。

    続きを読む
  8. ローズカットダイヤのリング、燻しと仕上げ。

    ■ ローズカットダイヤのリング、燻し。シルバーリング作りの続き。前回ブログ ≪こちら御徒町へ用足しへ行ったので、燻し液を買ってきました。久しぶりのシルバーの燻し、どうやってやんだっけな~なんて思いながら、昔の記憶を呼び覚まし。。まずは脱脂ですね。

    続きを読む
  9. 工房で作業

    結婚指輪、ペアリングの原型作り!

    店長デーース。おいっす~~!今日は前回の話しの続きです。 ≫ 前回のブログ溶かしたシルバーを、ハンマーとか金槌で叩き上げます。叩くことによってシルバーや金、プラチナが密度の濃い金属になります。ですので叩き上げた方が、硬い金属になります。

    続きを読む
  10. アクセサリー・作り方

    金属を溶かします

    店長です。今日は、金属地金の溶解の話しです。溶解の仕方は、シルバーでも金でも同じです。プラチナは少しだけ違ってきます。まずは不要な地金をチョコ皿というお皿に乗っけます。この地金を溶かして、左側にある あけ型 という型に流し込みます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る