ブログ

結婚指輪のオーダーメイド!

店長です。
ここ数日、ゴールドアクセサリーのご注文品を作りつつ、結婚指輪のオーダーメイドの制作もしています。オーダーメイドは近年、あまり積極的に承ってないのですが、どうしても欲しいというお客様には、お作りすることも多々あります。

結婚指輪のオーダーメイド

K18イエローゴールドの地金がメインの結婚指輪ですが、男性側のリングには、ハードプラチナ900の地金も一部使います。プラチナのパーツが画面の右側にあります。ゴールドと、プラチナの2色コンビは、出来上がりの際にはとても綺麗なんですが、作り手としては結構手も掛かりますし、リングの組立ても難しくなってきます。

大切な結婚指輪ですので、18金ゴールドがリング状(輪っか状)になり、ご希望のリングサイズに合わせた時点で、お客さま宅へご郵送して、作り途中のリングでサイズの確認をして頂いてます。サイズ確認をして頂きますと、ご納品した際に微妙に結婚指輪のサイズが合わない!ということが凄く減ります。(オーダーメイドの結婚指輪のみ、サイズ確認がご郵送で出来ます)

結婚指輪のパーツ・プラチナ

ハードプラチナ900のパーツを炎であぶって柔らかくして、その後くるっと丸めて、リング状にしていきます。端と端を合わせて、少し隙間が出ましたので、この部分に糸鋸を入れて、ピッタリとくっつけます。そのあと溶接をしていきます。どんなリングでも、厚みとサイズと円周率3.14で、リングを作るのに必要な長さ(寸法)を計算してつくります

プラチナの結婚指輪・マリッジリング

私は溶接する際は、こんな感じで結婚指輪のパーツをピンセットで挟みこんで(押さえ込んで)溶接していきます。指輪の形状、使用する地金によって炎をあてると変形したりするものもあるので、要注意のものもあります。これだけ見てるとシルバーみたいに見えそうですが、ハードプラチナのパーツになります。
これを18金ゴールドの結婚指輪の端に取り付けていくことになります。

結婚指輪の制作

パーツですけど、ちゃんとリングですよね!近頃は、CAD(パソコンでデータ作って)で結婚指輪なんかも作られるので、手できちんと結婚指輪や、ジュエリーをつくってる工房(アトリエ)って結構貴重になってきてます
当店で販売中の結婚指輪は▼こちらです
https://goccia78.com/bridal/

パソコンで作るのも楽だし、良いけどね、どこか機械的というか、無機質というか、温もりみたいのが無いんですよね。なのでうちでは結婚指輪や、ジュエリーを作る際は、極力手作業でお作りしています。結婚指輪1つ作るのに、手間もいっぱい掛かるけど、出来上がりはだいぶ差がありますね!っていうそんな小言です…



 

関連記事

ページ上部へ戻る