ブログ

K18ゴールドアクセサリーの仕上げ

店長です。
ゴールドアクセサリーの仕上げをしています

ゴールドアクセサリーの仕上げ

荒いヤスリ、細かいヤスリ、シリコンで研磨、下磨き、仕上げの磨きといった順番で仕上げていきます仕上げに使う道具や、工具は各作業場(工房やアトリエ)によっても違います。最終的に問題ないクオリティに仕上げることが大事ですが、口うるさいおっさんが営む工房なんかだと、うちのやり方でやってくれ!とか、言われるようなこともあります。
下のはリューターと言われるツールです。歯医者さんで虫歯削るのに使う道具と同じです。歯科医の使うツールと、宝飾貴金属で使うツールは良く似ていますが、歯科医で使うツールの方が、だいぶ割高だったりします。

仕上げの工具・道具

仕上げのシリコン

これが研磨するシリコンだったり、フェルトのものがあったり、毛で出来ているようなものもあります。これらは、リューターの先っちょにつけて、石鹸みたいな感じの研磨剤をつけて、ゴールドアクセサリーを磨いたりします。
金属の研磨なので、指サックでもしないと自分の指もツルツルになってきます。指紋が薄くなってきたり、指紋の線のところに研磨剤が入り込んだりします。
指に入り込んだ研磨剤は、中々落ちないので、そんな時は超音波洗浄に指を突っ込んだりして、自分の指輪を綺麗にします。下の画像が超音波洗浄機です。自分の顔も洗いたくなるくらい、綺麗に汚れを落としてくれます。

超音波洗浄機で洗浄

こんなゴールドアクセサリーの仕上げの作業でも、きちんと仕上げるというのは中々難しいことでもあります。上手くやらないと必要なところが薄くなったり細くなったり、ボコボコしてきてしまったり、ヤスリの小キズが残ってしまったりします。また最後にピカッと仕上げても、部分的に曇って仕上がったりもしますので、最後の最後での大切な工程でもあります

仕上げの作業で僕が嫌いなところは、顔が汚れるところです。いつも使う研磨剤の色味で、顔が汚れています。鼻の中も汚くなります。涙…


関連記事

ページ上部へ戻る